乳酸菌とビフィズス菌

お腹に良いとされている乳酸菌とビフィズス菌ですが、それぞれの違いを知っていますか?
それぞれ異なる特徴を持っていて、働きも違います。
乳酸菌は、乳製品や発酵食品に多く含まれていて乳酸菌を含んだ飲料タイプもあります。

どういう働きをするのかというと、糖を分解し乳酸を生成します。
この乳酸はエネルギー源として私たちの身体を動かすのに使われます。

他にも、腸内で発生する毒素により老化するのを抑制すること、腸内の細菌のバランスを整えることなど整腸作用があることでも有名です。
さらには、発ガン抑制作用やコレステロール抑制作用などもあり、お腹に良いだけでなく健康にも良いのです。
それに対してビフィズス菌は、乳酸菌の中の一つですが、乳酸を作り出すだけでなく酢酸も作り出すことができます。

ビフィズス菌も腸内環境を整えるという意味では同じ働きをしていますが、酢酸に加え葉酸など人間に必要となる栄養素を生成することが出来ます。
ここまでが大きな働きの違いですが、実際には乳酸菌は小腸に留まり続けることが出来ない代わりに比較的簡単に食品などから補うことが出来ますが、ビフィズス菌は大腸に生息していますが、酸素に触れると生きていくことが出来ません。
さらに、ビフィズス菌は年を重ねると減少していくことがわかっています。

そして、乳酸菌はどちらかというとビフィズス菌が体内に留まることが出来るように環境を整えていると考えたほうが良いのかもしれません。
このように、乳酸菌とビフィズス菌にははっきりとした違いがありますが、どちらも健康には欠かすことが出来ない菌類なので、毎日欠かさず摂取することをお勧めします。
ただし気を付けないといけないのは、ヨーグルトなどの乳製品に必ず乳酸菌とビフィズス菌が入っているわけではないということです。
そこは必ず確認して、両方とも入っている製品を買うようにしましょう。