乳酸菌を活用して注射要無しでインフルエンザ予防

毎年冬の時期になると風邪やインフルエンザなどが流行しますが、どのように対処していますか?
風邪もインフルエンザも、とりあえずマスクや手洗い・うがい、乾燥しないようにすることなどの予防が一般的だと思います。

それに加えて、インフルエンザの場合には予防接種の注射があります。
ただ、どれだけ気をつけても掛かるときには掛かってしまうのです。

それは、忙しくて栄養をしっかり取れなかったり、睡眠時間が足りなかったりと言うときです。
特にインフルエンザは発症すると高熱が出てとても辛く、心が折れそうになるときもあります。
ここで、インフルエンザの予防接種ついておさらいになりますが、確実に予防できるのではなく、掛かるリスクや重症化するリスクを低くすること、3種類のインフルエンザからの予防であり、全種類に対応しているわけではないということです。

もちろん、リスクを下げるという面で考えれば、予防接種は受けた方が良いと判断することが出来ます。
しかし、日常生活のちょっとしたところから予防することが出来るようになれば、さらに良いと思いませんか?
そのちょっとしたところというのが乳酸菌なのです。
乳酸菌は一般的に整腸作用が知られていますが、実は乳酸菌の種類は数多く、その中にインフルエンザの予防に効果を発揮するものが含まれているのです。

例えば、プラズマや1073R-1、ラブレなどといった各乳酸菌が効果的だと言われています。
なぜ、乳酸菌がインフルエンザに効果があるのかというと、腸内により多くのウイルスに対する免疫力が存在するためであり、腸内の環境次第では免疫力が低下してしまうからです。
その免疫力を向上させる方法として、整腸作用がある乳酸菌となるわけですが、その中でもよりインフルエンザに効果的なのが先の種類というわけです。
特にヨーグルトや乳飲料などは、各社からいろいろなものが販売されているので、より効果が得られるようにしっかりと選んで、インフルエンザを吹き飛ばしましょう。